盆栽は、世界中で「ボンサイ」で通用するほど人気です。ミニ盆栽、豆盆栽、盆栽の楽しみ方と魅力を紹介

盆栽を楽しもう

観葉植物と盆栽の違いに付いて

投稿日:

観葉植物と盆栽って何が違うの?

外に出したり、時折部屋の中に入れたりと、ちょっとした管理をしてあげることで美しく成長する植物。観葉植物と盆栽の違いを説明します。

盆栽

盆栽は和である

盆栽という言葉自体は知っていて何となくのイメージは出来ていても、観葉植物との違いやそもそも盆栽の定義は何なのかと問われると答えに窮してしまうという人は多いのではないでしょうか。

では、盆栽というのは何かというと、日本の大自然の風景を鉢の中に美しく育て上げるというものになります。

観葉植物も元気に育てて楽しむものですが、盆栽の場合は日本や和というものが重要視されており、元気に育て上げるだけではなく美しく手を加えてデザインしていくというものになります。

また、盆栽の特徴としては基本的に通年屋外管理であることが挙げられるでしょう。

屋内に入れる場合も2、3日が限度で、それ以上の場合は数日おきに休ませたり半日は屋外に置くなど手が加えられます。

逆に観葉植物の場合は、通年屋内で栽培出来る植物であるというのが特徴です。

参考サイト:盆栽とは

盆栽を楽しむポイントも違う

盆栽も観葉植物も植物を見て楽しむという点においては同じですが、楽しむポイントはそれぞれ異なります。

盆栽は木の風情や鉢の中全体を鑑賞して楽しむものですが、観葉植物の場合緑の葉の部分を鑑賞して楽しむものになります。

盆栽というとちょっとハードルが高いものというイメージを持つ人も多いですが、最近ではカジュアルなスタイルの盆栽も増えて若い人にも人気が高まっています。

代表的なものとしては苔玉と呼ばれるものがありますが、室内で鑑賞されることも多い苔玉は手のひらサイズで丸いフォルムなので可愛さもありながら自然美はしっかり感じられるところが魅力となっています。

他にもミニ盆栽と呼ばれる10センチ以下の小さいサイズの商品も販売されていて、なかなか盆栽をするスペースが無いという方でも楽しめるので人気が高まっています。

参考サイト:基礎知識~根伏せ編~

-盆栽

Copyright© 盆栽を楽しもう , 2018 All Rights Reserved.