盆栽は、世界中で「ボンサイ」で通用するほど人気です。ミニ盆栽、豆盆栽、盆栽の楽しみ方と魅力を紹介

盆栽を楽しもう

基礎知識~盆栽の保護~

投稿日:

盆栽は寒さと共存させよう

寒さを経験させる必要もある盆栽ですが、枯れさせないようにすることも大事です。寒さから盆栽を元気に守る方法を紹介します。

盆栽

冬に樹が枯れる原因は?

盆栽を育てる上で大切なのは冬の間の管理です。盆栽は翌年の芽出しや後々の成長のために寒さを経験させる必要があります。

しかしながらそれも程度問題で、盆栽にはそれぞれ異なる耐寒暑性をがあるのでそれらを知り、枯らさないように対策をとらなければなりません。

さらに寒害とは何も単純な寒さだけではなく乾燥した風による枝枯れ、降雪による枝折れなども含まれることも頭に入れておいてください。

ここで、冬に盆栽が枯れてしまう具体的な理由を挙げていきます。

・防寒防風対策をしていなかった
・秋ごろから寒さに馴らしていなかった
・秋に強引な針金かけを行った
・室内に長く置きすぎたため、樹が弱くなってしまった
・耐寒性の低い品種に対する保護が足りないまま越冬させてしまった
・寒さへの順応が済む前に植替えや鉢上げを行った
・越冬に対する知識不足や準備不足など、以上が樹を枯らす原因となります。

参考サイト:基礎知識~とり木編~

寒さから樹を守る

盆栽の防寒において重要なのは適切な置き場所を確保することです。条件としてはまず日当たりが良いこと。

冷たい風が吹き込むのを防いでくれるので西北側には建物などがあるのが好条件です。

また積雪が滑り落ちてくる可能性やネズミなどの害獣も考えて場所を決めるようにしてください。

加えて、寒さに弱い品種は工夫をして守るようにします。盆栽の数が多い場合にはムロに入れるのが一番良いでしょう。

ムロは外気を遮断し、内部の温度を一定に保つので有効な手段です。また、小さな盆栽などであればムロの代わりに発泡スチロールに入れて保護する方法があります。

作り方は簡単で、箱の底部に水抜き穴を開けるだけ。あとは傾斜がつくように箱を置いて排水を良くしておきましょう。

管理の仕方は、昼の間に蓋を開けて状態確認とともに換気と灌水を行い、冷えてくる夕方前には蓋をしめるようにしておけば大丈夫です。

参考サイト:基礎知識~日当たり、水やり、肥料~

-盆栽

Copyright© 盆栽を楽しもう , 2018 AllRights Reserved.