盆栽は、世界中で「ボンサイ」で通用するほど人気です。ミニ盆栽、豆盆栽、盆栽の楽しみ方と魅力を紹介

盆栽を楽しもう

盆栽とは

更新日:

意外と知らない。盆栽ってどんなもの?

育てる楽しさ、変化を楽しむ植物!今、ひそかなブームとなっている盆栽の種類について紹介します。

盆栽

盆栽って何?

盆栽と聞くと、どのようなものを思い浮かべますか?多くの方が、おじいさんが庭で、ハサミで細かく形を整えている姿ではないでしょうか。

そんな、「お年寄りの趣味」といったイメージのある盆栽が、実は今、ひそかなブームとなっているのです。そんな「盆栽」、いったいどんなものなのでしょうか。

盆栽とは、鉢植えの草木を鑑賞する趣味です。多くの場合、自然を模した形に作られます。鉢の上に、自然の風景を作りだすことに、盆栽の楽しみがあります。

そのため、不要な枝を切ったり、針金で枝や幹を固定したり、岩石の上に根を這わせたりと、様々な技巧を凝らして作られます。

また、植物という「生き物」を扱う趣味なので、常に変化し、「完成」というものが存在しないことも、魅力の一つとなって居ます。

歴史も長く、中国で行われていたものが平安時代に日本に入ってきたことが、我が国での盆栽の始まりと言われています。

参考サイト:基礎知識~株分け編~

盆栽の種類について

さて、盆栽にはどのような樹種があるのでしょうか。最もポピュラーなのはマツですが、その他にもウメやサクラ、サツキなどの花を楽しむもの、ウメモドキやヒメリンゴ、カキやカリンなどの実を楽しむもの、カエデ、ケヤキ、タケなどの葉姿を楽しむものとがあります。

また、中には草を中心としたものや、それら数種類の草木や石などの造形物を合わせて作られた寄せ植えなどもあります。

また、その形によっても、様々な名前が付けられます。幹が曲線を描く「模様木」などはその最も有名な形ですが、他にも、真直ぐ上に伸びた「直幹」、一方向に傾いた「斜幹」、断崖絶壁に生えたものを表現した「懸崖」などもあります。

盆栽の樹齢はどれくらいなのでしょうか。名品と言われる盆栽の中には、樹齢が100年~300年以上のものがありますが、近年では促成栽培が発達し、短期間でも相応のものに仕立てられているものもあります。

現在、世界的に評価の高まっている盆栽。あなたも少し、その世界を覗いてみてはいかがですか?

参考サイト:盆栽に必要なもの(鉢、こけ、土、道具)

-盆栽

Copyright© 盆栽を楽しもう , 2018 All Rights Reserved.